陸マイラーを目指すならばこれだけは絶対はずせない!通称ソラチカカード。ANA To Me Card Pasmo JCBカード。お持ちでしょうか?

飛行機に乗らずにANAマイルを貯めたいのであれば必携のクレジットカードです。もちろん私も作成しまして大活躍中でございます。

本日は、こちらのメトロポイントが貯まるソラチカカードを徹底解剖していきたいと思います。
ただ今ちょうど入会キャンペーン中ですので、この機会にぜひご入会されることをおススメします。(詳しくはこちらをどうぞ。)その理由をこれからお話致します。

 

 

 

ソラチカカードとは

 

ANA To Me Card Pasmo JCBカードは通称ソラチカカードと呼ばれてますが、To Me Cardは数種類ありますので、作成する際はお間違えの無いようにお願いします。作成していただきたいのは、一番上のANA To Me Card PASMO JCBカードです。

 

 

また、このソラチカカードは東京メトロが発行しているカードでして、一枚でJCB、ANA、東京メトロの三つのポイントが貯まるカードです。が、私たち陸マイラーにとってはメトロポイントからANAマイルへの交換だけ考えればあとは特に必要ありません!

 

スポンサーリンク

まず始めに、メトロポイントとはソラチカカードを使って貯めたポイントのことを言います。
ソラチカカードは年会費が2000円(税別)かかりますが、元を取る以上の価値がありますので、2000円かけてでも作成することをおススメします。ただし、初年度は年会費無料です。

何がそんなにすごいのか?なぜ陸マイラーはこぞってソラチカカードを推奨するのか。理由はこれ以外にありません。

0.9倍の率でマイルへ移行できるということ。すべてがこれに尽きます。以下をご覧ください。重要なのは赤枠。100メトロポイントは90マイルです。

 

 

例えば、こういうことです。

各ポイントサイトから集約した10000円相当ptは現金に交換すると10000円にしかなりません。
が、メトロポイント経由でANAマイルへ交換すると9000マイルへと変身するのです。

9000マイルとはクレジットカード決済金額にしておよそ900000円相当。ソラチカカードがどれだけの効果を発揮しているかお分かりいただけますでしょうか。

クレジットカードで90万円のお支払するのは決して、いえ、普通のサラリーマンなら簡単なことではありません。が、ポイントサイトで10000pt貯めるのはコツをつかめばたやすいものです。ポイントを貯める方法を覚えてサクッとマイルを貯めてしまいましょう。

 

という訳で、0.9倍のソラチカカードの威力、なんとなくでもイメージしていただけましたでしょうか。ソラチカカードは正にKing of 中継地ですから、陸マイラー活動を始めるにあたって何よりも先に作成してくださいね!

 

黄金のソラチカルート

 

それでは上記を踏まえて、これからソラチカルートについてご説明します。

 

黄金のソラチカルートを利用するためには、ポイントを貯めなければなりません。その貯めたポイントの使い方=ソラチカルートになります。

 

あまたあるポイントサイト。その中からの私のおすすめはちょびリッチ。今現在で最強だと思われます。

 

ちょびリッチ My Best of ポイントサイト

ちょびリッチは私的に一押しです。安定して陸マイラーにとっての優良案件が多数紹介されております。ただいまですとこうした案件がございます。

 

 

高ポイント案件が多数ありますので、目が離せないサイトとなっております。特に昨年の12月、一か月間で2万マイル弱を稼ぎ出しました。詳しくはこちらをどうぞ。ぜひ、ご自分の目で確かめて、チャレンジしてみてください。

 

ハピタスも陸マイラー向け案件には事欠きません。ポイントサイトの詳しい情報についてはこちらをご覧ください。

 

その他、ゲットマネーポイントインカム、ドットマネー。ドットマネーはソラチカカードの次に重要な役割を果たしてくれますので、必ず登録してくださいね。

 

ポイントサイトは苦手、あまり使いたくないという方や、毎月少しずつでも良いから確実にコツコツ貯めたいという方にお勧めなのが、アンケートサイトのマクロミルです。アンケートは豊富に用意されてますので、全てに答えるのは相当手強いはずです。またアンケートの中でも会場調査などの高額報酬がオススメです。マクロミルについては、こちらもご覧ください。

 

こうして各々のサイトで貯めたポイントを集約する役割を果たしてくれるのが、ドットマネーやPEX(ペックス)というポイントサイト。これらはマイルへ移行するための中継地点の役割を果たしてくれます。
ドットマネーとPEX(ペックス)を比較すると、ドットマネーからメトロポイントへは手数料無料で交換可能ですが、ペックスを経由する場合50円分の手数料がかかるという点が大きな違いとなります。

 

上でご紹介した、ちょびリッチ、ハピタス、ポイントインカムはドットマネーへ交換可能。
しかし、げっとまやポイントタウン、マクロミルはドットマネーへ交換できませんので、手数料が発生したとしてもペックスを利用するほかありません。

 

ドットマネーは中継地としても活躍しますが、それ自体の広告利用も還元率が高く、お薦めのポイントサイトとなります。ぜひチェックしてみてください。

 

これまで話してきたことを画像にしました。
お分かりになりますでしょうか。

 

ドットマネー経由ですと、完全手数料無料でANAマイルへ移行可能です。

 

PEXは手数料が50円かかりますが、0.9倍の料率は外せません。

 

 

 

なぜ年間216000マイルなのか

 

理由は簡単です。メトロポイントからANAマイルへの1か月の交換上限が20000ポイントだから。

 

 

20000pt×0.9=18000マイル ×12か月=216000マイル

 

ということです。1か月2万ポイントは慣れてくるとすぐに貯まり始めます。貯まったポイントを最強ルートでANAマイルへ移行するためにソラチカカードをぜひ作成してくださいね。

 

まとめ

 

このようにソラチカルートはANAマイルを陸で貯める人にとって最強ルートになっております。
この最強ルートに乗っかるためにはソラチカカードが無いと話になりません。現在ではポイントサイトのカード作成案件には見受けられませんので、カード会社のキャンペーン中に作成するのがベストかと思われます。

今ならちょうどそのキャンペーン中です。当記事の一番最初でもご紹介しました。ぜひご検討してみてください。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村