ランキング結果【エアラインvsホテル】オペレーター対決|マイラーはるのブログ
MY レポ

ランキング結果【エアラインvsホテル】オペレーター対決

近頃、個人手配旅行が多くなってお世話になる機会が増えたオペレーターの方々。

 

オペレーターへ電話をするということは、問題解決のため、何かしら助けを求めてることが多いのではないでしょうか。少なくとも我が家の場合、そうでした。

 

昨年ゴールデンウィークのハワイ旅行の際は、数社のオペレーターの方に大変お世話になりました。

 

 

ホテルではヒルトンホテル、ハイアットホテル、航空会社は大韓航空のカスタマーサービスセンターへ電話を掛けました。

 

昨年の旅行以外でも、ANA、JALにアドバイスを求め電話をかけたことがあります。

 

今更感はありますが、本日は、その際の各オペレーターの応対について私なりの感想を記事にしてみようと思います。あくまでも、私の個人的な感想にすぎませんので、全ての皆様に当てはまることはないという事をご承知おきいただき、読み進めていただけますと幸いです。

 

 

勝手に順位

 

5位 というか圏外のJAL

 

JALは何度電話してもオペレーターに繋がりませんでしたので、圏外になるのかな。

通常カスタマーサービスセンターへの電話はなかなか繋がりにくい、待たされると言うのは理解しておりますが、3日間ほどに分けて何度か電話をかけましたが、数分間の待ち時間後諦めると言う流れで、こんなに電話繋がらないならもうええわ!と、結局ネットで他の手段を探しまくり、Webからの申込で済ませました。JALにはまず、たとえ数分待たされることがあったとしても、イライラマックスになる前にはオペレーターに繋がる程度のサービスは、整えていただきたいところです。

この件があってから数日はJALなんか使うものか!と思ってしまいました。

(2年ほど前の話になりますので、現在は改善されている可能性もあります)

 

電話の理由は子供用に申込したマイレージカードの情報に誤りがあったので、それを電話でちゃちゃっと訂正してもらいたいといった内容だったと薄れ行く中で記憶しています。この程度なら電話でなくとも、ウェブからで十分?ということなんでしょうかね?(ちなみにこの問題はすでに解決しております)

 

4位  ヒルトンホテル

 

スポンサーリンク

正直ヒルトンホテルの応対にはがっかりしました。Hilton Honorsアプリの利用方法についての問い合わせだったのですが、言葉は丁寧でも心がこもってないのが伝わって来ました。この電話を早く切りたいという素ぶりがヒシヒシと感じられるのです。

 

ハワイ旅行の際、アプリから事前チェックインをしたいとの相談で電話を掛けたのですが、ホテルの日本語サイトから申込した予約は、アプリでの事前チェックインは不可との回答でした。英語サイトからのみオッケーということのようでした。

 

しかし、日本語サイトから申込をした後の確認メールにアプリの広告がありその存在を知ってから登録までしたのに、アプリの機能を利用できないなんておかしい。納得できなかったので、日本のオペレーターの電話を切った後、宿泊予定の現地ヒルトンハワイアンビレッジの英語サイトに直接問合せ(メール&チャット)、とても親切丁寧に対応いただいたので、ヒルトンは日本語デスクでは無く、英語ができるのなら、海外であれば直接現地の方へ連絡するのがベストという結論に達しました。

 

結果、アプリでの事前予約もできましまし、またホテルの滞在も十分楽しむことが出来ました。

 

3位 ANA

 

可もなく不可もなし。カスタマーサービスセンターのオペレーターの応対だと考えたら、日頃からこの程度のサービスはしていただきたいと言うのが本音。こちらの事情を聞き、解決する方法を一緒に考える、と言ったその会話の中に気持ちが込められてるのが伝わりました。

 

2位 ハイアットホテル

 

WEBサイトで申込後、ダブルベッド2台を確約するリクエストをするため電話をかけましたが、願いは叶いませんでした。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

ですが、ハイアットのオペレーターは親身に話を聞いてくれましたし、真摯に対応いただけたのです。一緒になんとか問題解決しようといった気持ちが十分に伝わってきて、今回は残念ながら見送るけど、次回いつか泊まってみたいと思わせる応対でしたので、第2位です。

 

 

輝く第1位 大韓航空

 

 

ハワイ行きのチケットを取ったは良いが、支払いに利用したクレカを私が解約してしまったところから、話は始まります。(大韓航空のメリット)

 

んなこと、覚えてないし、だいちなんで支払いに利用したクレカがチェックインの際に必要になるのさ?!チケットは旅行出発日のほぼ1年前に購入してます。うっかり、その支払いに利用したクレカを解約してしまったのですね。ヤバイヤバイ。

 

といえど、必要なものは仕方がありません。なんとかせねばなりまけん。その時の話はfc2の旅行記で詳しく記事にしておりましたので、ご興味のある方はご一読頂けると嬉しく思います。

 

この時の、大韓航空の電話オペレーターの方の応対には大変感謝しております。こちらは、もう半泣き状態です。私のミスでハワイ旅行が台無しになったらどうしよう〜と。それを察してか、私を安心させるためか、旅行は行けますという事と、代替え案など提案してくださり、気持ちが十分に伝わってきました。大事なだけに心も大きく動かされたのでしょうか?

 

何はともあれ無事に旅立つことができて、今となってはヨア思い出です。

 

と言うわけで、インパクトも相当強かった大韓航空を1位とさせていただきました!

 

 

まとめ

 

営業という部署で仕事をしている関係上、お客様からの問い合わせやクレームなどの対応に追われることが度々あります。(私はアシスタントですが)

 

いつも考えさせられることは、放った言葉一つがお客様を怒らせることも喜ばせることもある、たった一言の重みを今の部署で働くようになって、強く感じるようになりました。クレームに対する言葉は、特に一言ひとこと選んで慎重に受け答えをするように気を引き締めております。

 

人のふり見て我がふり直せ

 

学ぶべきことはたくさんあります。私のような一般客がこのような順位付けなどさせていただきましたたが、もちろんもっと良くなってほしいという希望があるわけです。そのような願いも込めて記事にさせていただいた次第です。

 

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。
にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村