毎日毎日書店には新しい本がたくさん並んでいます。

 

 

私は本好きで、いろんなジャンルの本を読んでいます。しかも最新刊などは人が読む前に読みたい!という気持ちが強く、Amazonなどでどれを買うか頭を悩ませることもしばしば。



しかし、本ばかりにそんなにお金もかけていられないので、なんとか本代を安く済ませられないものかと常々考えていたところ、良い方法を生み出しました!

 

これなら、最新本を定価の半額ほどで読むことが可能です。さて、どんな方法なのでしょうか?わたしもこの方法で、定価の約30%の価格で最新本を読むことができました。

 

少しでもお安く最新本を読むことができて、満足しています。それでは本日は、定価の半額程度で最新本を読む方法ついて詳しくご説明させていただきたいと思います。

 

 

最新本を購入する

 

まずは読みたい本を購入し、じっくり読んでください。注意すべきは、マーカーを引いたり、書き込みしないでくださいね!

 

その本は気に入りましたか?手元に残しておきたい本ですか?もし、一度読んでみたかっただけといった程度のものなら、そのまま自宅で保管しておくのはスペースとお金の無駄です。

 

どなたかにお譲りしましょう

 

その読み終わった本をどなたかにお譲りしましょう。あなたの他にもその本を読んでみたい方、少しでも安く手に入れたい方はきっといらっしゃるはずです。しかも、その本が最新本でしたらなおさら読みたい方は沢山いらっしゃるはずです!

 

メルカリ登場

 

 

ここでメルカリ登場。メルカリはスマホからも簡単に出品できるフリマアプリ。ものの五分もあれば出品完了。人気商品なら即売れて、取引完了すれば即現金化も可能です。

 

メルカリはよくできたシステムだと思います。グレー部分があるのは確かであるとは思いますが、上手く使えば1ヶ月でもかなりの売上になるかと思います。

 

私の実績で言えば、昨年2016年10月開始の2017年3月までの半年間で40000円の売上。月約6500円ほどの売上金額です。決して多くはありませんが、かけた手間暇考慮しても自分で十分納得する金額です。何もしなければ、ゼロ0ですからね!

 

話は横道に逸れましたが、お察しかとおもいますが、そうです、その通りです!最新本をメルカリで売るんです。

 

さあ、いざ出品!

 

実際出品した本は、身バレの可能性が出てくるので、ここでは伏せますが、例えば、1300円(税抜き)の本を1200円で出品してみましょう。

(✳︎注意✳︎ ここでは、例として1300円の本を1200円で売るという設定をしておりますが、実際に販売する際はご自身の責任の元価格設定をし取引を行なってくださいね)

 

価格を少しでも高く設定するためには、なるべく綺麗に取り扱うことが大切です。状態が綺麗であるに越したことはありません。

 

また最新本であるがこそ、高めの設定も可能かと思います。新しい本を読みい場合は早め早めの行動が吉と出そうですね。いち早く読んで出品する。

 

 

結果は

 

メルカリは10%の手数料がかかりますので、1200円の10%で120円マイナス。本を発送するのにらくらくメルカリ便の小型サイズネコポスを利用すると全国一律195円で送ることができます。

 

 

よって、販売価格1200円-手数料120円-送料195円=885円の利益。税込1404円で購入してるので、885円マイナスすると実質519円で購入したことになります。64%オフで購入できました!

 

手元に残しておきたい本は大事に取っておいて、一回読んだらもう必要ないと思った時にはこの方法覚えておいて損はありません。
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村