特典航空券をゲットして怒る人っていったい誰?

 

2017年4月29日投稿していたこちらの記事の結果報告です。

 

 

 

結論から申しますと、もちろん家族全員で旅行に行ってきました。3世代旅行を存分に楽しんで来ました。特別にもめることもありませんでしたので、結果オーライだったことに感謝しています。

 

本日は、上記記事を書いた後の流れを少しお話しさせていただき、結果報告とさせていただきます。

 

実は、この記事に関してはツイッターの方では割と同情頂けるコメントが多かったのですが、
ブログへのコメント欄には厳しいお声をいただいておりました。最低な母親だね!と言ったものもありました。

 

正直凹みましたけど、「私のブログも人様に読んでもらえるようになったんだ!」と、ポジティブに捉え、気にしないようにしてきました。(コメントは公開しておりません)

 

といった背景もあって、なかなかご報告することができずにおりました。が、旅行も済んでしまったのでそろそろ解禁してもよいかなーと思いまして。

 




スポンサーリンク

ブログ投稿後の流れ

 

まず第一にしたことは、部活の顧問の先生に事情を説明すること。
先生は、「部の方針としては、夏休みは家族行事を優先してください。」と言ったもので快諾を得ることができました。拍子抜け?いえいえ、先生が事情を理解してくださる方で大変ありがたかったと同時にホッとしたのを今でも鮮明に覚えております。

 

やはり息子の一番の気がかりは、「先生におこられるかも?」というものだっただからです。そりゃ中学入学したばかりで、先生のことは一番気になるところですよね

 

ただ、事前リサーチで一年生は大会に出ないので、休むなら一年生のうちと言うのも先輩ママから聞いておりましたので、私としてはおそらく大丈夫だろうとは内心思っていたのですが。

 

第二に、先生への相談後に息子と話し合い、息子もやっと気が晴れたようで安心して旅行に行けることになって良かったと言っておりました。
出発前には、部活の先輩やお友達、そしてもちろん先生にも息子自身から報告してきました。こういう経験て大事なことだと思うんです。自分で状況を説明し、理解してもらうこと。コミュニケーションを上手に取れるかどうか。その経験ができたということも、今回の旅行の件があったからこそ、とあくまでも前向きに捉える、マイペースな母親です。

 

と言う訳で、無事にめでたく旅行に行ってくることができました。



スポンサーリンク
 

私の個人的な考え

 

子供が自分の意志で部活を休む・休まない、親が子供の部活を休ませる・休ませないということに関しては、各ご家庭や学校、部活の事情や背景などあって当然です。
こうするのが絶対に良い!ということはありません。ただ、今回の件を通して、話し合いの中でベストな選択ができればそれに越したことはないと思いました。

 

ただ、我が家にとって家族旅行は掛け替えのない貴重な時間であることに間違いはありません。

 

つづき

 

今年、新たに入手できた情報としては、夏休み後半はまとまったお休みが取れるらしいとのこと。来年は8月下旬が狙い目かしら?!笑
さて、来年はどうなることやら。まったく懲りない奴だな。あ、私のことですσ(^_^;)

 

以上、ご報告でした。

 

(顔をお見せできず残念ですが、写真は笑顔の息子です)
にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村