お料理好きな私がおススメする料理本3冊

 

 

毎朝お弁当を作ることと秋から冬にかけて焼きっぱなしの簡単お菓子を焼くことが好きなわたくしですが。お料理をするときに拘っていることが一つだけあります。

それは、地元のスーパーなどどこでも手に入る食材で作れること!

 

これに尽きます。

巷では、オーガニックや有機野菜、グルテンフリーなど、身体によいものが取りざたされておりますが、そのような情報には疎い方です。規則正しい生活をして三食きちんと取る。外食は控え目に手作りのものを食べる。この二つは意識しておりますが、食材についてはそれほど気を遣っておりません。

もちろん、わたしが個人的に気にしていないだけであって、それらを気にしていらっしゃる方を否定するつもりは少しもありませんので、その辺りもし気分を害された方がいらっしゃいましたらこの場を借りてお詫び申し上げます。その点をご理解いただき読み進めていただけますと大変ありがたいです。




スポンサーリンク
では、話を進めて参ります。
オーガニックなどの身体によいものは高価なものが多いですよね。それと手に入りにくいということがあるかと思います。

 

「ふと思い立った時に近所のスーパーで購入してすぐ作ることができる」私にとってはこれが第一なのです。

 

有名な専門店の○○をネットで購入して手元に届くまでに○日。という○日の間に作りたい熱が冷めてしまうかもしれません。ですので、私がお菓子を焼くときは、基本的には家に常備しているホットケーキミックスとバター、時にマーガリンを使用してお菓子を焼くことがほとんどです。毎日のお料理も然り。

 

と言ったバックグラウンドがある中で、私が愛用している料理本が3冊あります。

 

1冊目 藤原さんちの毎日ごはん

 

みきママさんのこちらの本です。彼女の本は正に私のこうした希望に合致していたのです!!

 

 

 

調味料や食材など。近所のスーパーで手に入るものばかり。ちょうど当時はオシャレな食材を使ってオシャレなお料理を作る本が流行ってた頃でなかなか自分の希望する料理本に出会えませんでした。これを手にしたとき、私が求めていたものだーーー!って運命を感じました!←大袈裟。笑

早速購入して使ってみたところ、家にある食材で簡単に作りやすい、万々歳!以後私の座右の銘です。

 

 

 

2冊目 藤原さんちの毎日ごはん2

 

同じくみきままさんの続編。こちらもすぐに作れるメニューばかり。

 

 

みきままさんのこれらの料理本のおかげで、クックドゥなどのパックを使う機会が格段に減りました。が意味することは、我が家の麻婆豆腐、エビチリ、中華飯、天津飯、回鍋肉、青椒肉絲など中華系ばかりですが、が作れるようになったのです。これらは辛いもの好きな我が家にはぴったりで、豆板醤など多くしたりで味を調節しながら、我が家の中華料理が出来上がったのでした。

そう!何度か作って慣れてきたら、我が家流にアレンジして更にレシピをパワーアップさせて楽しんでおります。




スポンサーリンク

3冊目 栗原はるみさんの わたしの味

 

 

そして、最後にご紹介するのは一人の女性として大好きで尊敬している栗原はるみさんのこちらの本です。

 

 

栗原はるみさんの本は、季刊誌も出ていて毎回購入していたのですが、本が増える一方で保管する場所に困ってしまいある時期を境に購入するのを辞めました。そして、はるみさんの本も断捨離して一冊だけ手元に残した本がこちらになります。

 

この本は私にとっての料理だけでなく主婦としてのバイブルでもあります。
基本の肉じゃがをはじめ、常備菜も何種類も紹介されております。セロリとジャガイモのきんぴらが予想以上においしくて大発見。もう何度も見直しているので、だいぶ年季が入っています。笑 あと、私は、栗原はるみさんを家庭を大事にして仕事を続けている女性として尊敬しています。彼女の言葉からたくさんのアドバイスやヒントを得て自分流にアレンジして生活に取り入れてきました。

 

はるみさんのように年を重ねるごとに魅力的に、ご主人をご家族をご家庭を大切にしながら仕事を続けていきたいと思います。

 

 

そんなわたしからのおススメの料理本3冊でした。本日もご覧いただきありがとうございました。

毎朝のお弁当はインスタグラムをチェック→

 

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村