海外旅行の困ったを解決
帰国時に増えた荷物のパッキング方法

 

多くの方がそうでいらっしゃると思われますが、海外旅行時行きは荷物がスカスカ、帰国時どっさり増えたりしませんか?スーツケースに上手にしまいたいけどなかなか上手く片付けられない方、こんな方法もありますので、頭の片隅に入れておいて損は無いと思います。

2018年1月娘と二人のソウル旅。往路の荷物は軽々でした。
帰りにはお土産やショッピングで荷物が増えるのは間違いない。手荷物は基本的にあまり増やしたくなくてできれば預けたい派。スーツケースに詰められるだけ詰めて身軽に機内へ。

と言うことで、こんな詰め方もありますよ!と言ったお話です。



スポンサーリンク

往路のパッキング

見るからにスカスカな中身です。

ストールを荷物の崩れ防止にしています。夏はバスタオルを使ったり、昨年夏プーケットへ旅行した際はビーチマットを使用しました。

 

 

復路のパッキング

 

パッキング時間計ってたのですが、約50分かかりました。

詰める荷物をすべて広げだします。うわ、こんなにあるなんてやだな。

先ほどのベットの上に山盛りになっていた荷物とスーツケースの中の荷物を一通りまとめます(下の写真)。

その後面積を占める物から詰めていきます。空いたところに細かいものを詰めるのですが、これは基本ですかね。

 

私のおススメパッキング方法は以下3点です。

  1. かさばるパッケージ品はバラシテ詰める。箱も綺麗に畳んでつめれば問題なし。
  2. 買った洋服などは持ってきたトラベルバッグ(ポーチ)に入れる。
  3. 崩れ防止のカバーになるものを探す。

 

いわゆるインスタントラーメン

5個1パックを2袋(上の写真んに載ってます)。なので、ばら10個を以下の通り。こちらのトラベルポーチに詰め替えました。

 

ハンドクリーム5個セット

こちらもばらしてこのように詰替え完了。箱ごと詰めるとかさばるし箱も壊れちゃいそうですよね。ばらして詰めることで綺麗なまま持って帰れます。



スポンサーリンク

娘が買ったこちらのパジャマはパッキングのカバーに使います。

ガウンの方をこのようにカバーの代わりに。もこもこなので、普通にたたんでしまおうとするとかなりの部分を占めることとなり、詰めるのに相当苦労しそうでしたが、このようにカバーにするとパンパンにはなりましたが、結果的にきれいに収まりました。

 

 

娘のスーツケースはこちら。

 

早朝便で帰るので朝3時半起きです。当日着ていたパジャマと洗面道具を詰める場所(上写真の右上1/4程度)だけ確保しておきます。朝急いで詰めたら完了です。

パッキング完了写真がありませんでした。すっかり抜けており申し訳ありません。が、この空いた部分に洗面道具とパジャマ類は丸めて隙間部分に詰め込んだだけです。

 

以上でパッキング完了。パッキング完了図はリモワだけ。娘のスーツケースはこのリモワよりも小さいです。写真には残っておりませんでした。

預け荷物スーツケース二個、手荷物各々バッグ一つずつ。今回の旅の総荷物数です。

買い物や荷物の量にもよりますが、セット商品はばらして詰めるとだいぶ収まりが良くなるはずですし、購入商品の使い方次第でスーツケースに綺麗に収まることありますので、ぜひお試しくださいませ。

 

トラベルバッグはこちらのタイプを使用しております。スーツケースにきれいに収まる形、大きさが気に入って重宝しております。

こちらの記事も併せてどうぞ”。

 

ハピタスお友達紹介キャンペーン20180118まで