セントレアの滑走路見学ツアーは日本で唯一○○を間近で見られます|マイラーはるのブログ
空港

セントレアの滑走路見学ツアーは日本で唯一○○を間近で見られます

こんにちは。はるです。

2018年8月4日(土)、セントレアの滑走路見学ツアーへ行ってまいりました。こちらのツアーですが、思いのほか楽しめたので急きょ記事にさせていただくことといたしました。

その名前の通り、滑走路を見学するだけなのですが、普段入ることのできない制限エリアに入構できたちょっとした優越感(どんな?)と、飛行機を間近で見られた感動やらユニークなガイドさんのおもてなしなど、約90分のツアーがとても満足したものでしたので、これからご紹介させていただきます。

飛行機好きな方やお子様連れの社会見学などに向いています。実際、今日のこのツアー、私たち夫婦以外は全員小学生以下の子連れでした。笑

それと、タイトルにも書いた〇〇っていったい何なのか?お楽しみに。

 

セントレアの滑走路見学ツアー

 

普段は関係者以外入ることのできない制限エリアへバスにて進入し、離発着する航空機を間近で見る事ができます。途中、降車見学ポイントでは、バスから降りて見学しますので、航空機の大きさやエンジン音などの迫力満点です。

  • 実施日:土日
  • 実施時間:①9:15 ➁11:15 ➂14:15 (約90分)
  • 料金:3480円(3歳以上)
  • お申込み:セントレア公式ページより(以下でも紹介しております)

 

セントレア滑走路見学ツアーの詳細についてはこちらからどうぞ。

セントレアまるわかりツアー滑走路見学コース

個人ツアーのお申し込みはこちらからどうぞ。

セントレアの滑走路見学ツアー申込ページ

 

ツアー参加時のセキュリティーチェックについて

 

ツアーの集合場所はターミナル1階のウェルカムガーデンになります。

ツアー開始前にはガイドさんから注意事項などの説明があります。今日のガイドさんユニークでお話も面白くて、良い思い出になりました。

普段は入ることのできない制限エリアということで、セキュリティーチェックはとても厳しいです。中学生以上は身分証明書が必要で、手荷物検査及び飛行機の乗る際と同様のボディーチェックも受けました。

参加証明書を首から下げて準備はOK。

セキュリティーチェックは厳しい

  • 身分証明書(免許証・保険証)が必要
  • 手荷物検査
  • ボディーチェック

 

セントレアでしか見られない○○って何?

 

勘の鋭い方ならお分かりでしょう。

答えはドリームリフターです。

ドリームリフターとは、世界に四機しかなく、日本国内では唯一中部国際空港・セントレアにのみ飛来します。そんな超レアなドリームリフターを間近で見られるのはセントレアの滑走路見学ツアーだけですよ!

 

 

滑走路見学コース

 

本日見学したコースのご案内です。以下マップは公式ページよりお借りしました。実際に本日停車した位置と、上記で紹介した超レアなドリームリフターが駐機していた位置を追記しております。

見学順に撮った写真をご紹介してきますね。(腕が悪いのは見逃してください)

 

ガイドさんの説明を聞きながら出発。

先導車が走ります。

今日は運よく貨物地区のシャッターが空いてました。

 

バス停車位置で撮った写真がこれらになります。

徐々に近づいてきて着陸するまで。

着陸するスカイマーク

着陸するキャセイパシフィック

着陸機が過ぎるのを待っている、これから離陸するJAL

 

上図の④番・降車ポイントで撮った写真。ベストスポットですね!

エティハド航空

ソラシドエア

Air China

タッチアンドゴーで離発着を繰り返すANA。訓練生の練習のようです。

 

 

ドリームリフターはこちらです。

国際線エリア

大韓航空

キャセイパシフィック

IBEX航空。特別塗装です。

 

国際線エリアを過ぎると間もなく終了です。

 

バスの乗車位置はココを選ぼう

 

さて、滑走路見学ツアーはバス移動です。本日私たち夫婦は初めての参加でなんとなく左側の座席を選んだのですが、大正解でした!

飛行機を至近距離で見られる位置に座ることができたのは大変ラッキーだったと言わざるを得ません。

上図マップからもお分かりになる通り、常時左側に飛行機を見て回るコースですので、バスの座席は左側を選んだ方がより飛行機を身近に感じられます。乗車の際はお忘れなく。

 

 

こぼれ話

 

ツアー終了後こちらの参加証をいただいたのですが、ここに写っている写真から。こちらはツアー参加中首から下げていたものですが、終了後はカードをいただくことができます。裏面には参加日付が印字されてます。

このカードに写っているのがシンガポール航空のA380とドリームリフターなんですが、合成ではないんですって。

2008年5月20日、シンガポール航空が成田/シンガポールにエアバスA380型機を就航したのですが、初便が成田空港に午前8時30分到着予定だったのが、台風による大雨と強風の影響で、中部国際空港にダイバートしたというのです。

その日、中部国際空港に偶然居合わせたドリームリフターとのツーショットが実現したことでこの写真を記念に参加証として採用したというお話をガイドさんからいただきました。

プレミアものですね。

興味のある方は、ぜひ、滑走路見学ツアーに参加してもらってきてください!

以上、セントレア滑走路見学ツアーのお話でした。

WordPressテーマ JIN

このブログで使用中のテーマは「JIN」

WordPressテーマ JIN

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です